トップページ > カルチャー > カルチャーvol.1

本当の美しさを引き出すTAW的カルチャーとは

外見が美しくても、知的でなければ意味がないとTAWでは考えます。教養を高める本や映画を観たりしながら、豊かな心を身につけてみてはいかがですか?

Vol.1 内面からにじみ出る知性と教養を身につける

家族旅行や仲間内でののんびり旅も魅力的です。
でもそろそろ、目的を持った自分だけの旅を計画しては?
地方の美術館めぐりや、海外の文化に親しむツアーなど、心を豊かにする旅に出てみれば、
新しい発見や非日常を楽しみ、いつもと違う自分を発見できるはずです。
また、ひとりの時間を有効に使うために、読書や映画鑑賞などもおすすめです。
カルチャーでは私がおすすめする本、美術館、映画などを紹介します。


◆ 一色真宇のおすすめ

【本】「人生乗り換えの法則…望み通りの人生を創り上げるTAW理論」
一色真宇 著 講談社刊)
「人生乗り換えの法則…望み通りの人生を創り上げるTAW理論」著者 宮崎なぎさ(現 一色真宇) 講談社刊
「人生乗り換えの法則…望み通りの人生を創り上げるTAW理論」著者 宮崎なぎさ(現 一色真宇) 講談社刊
[あらすじ] ある晩、主人公が眠っていると、未来からきたというエージェントが夢の中に訪ねてきます。そして、人生がうまく行かない主人公に『あなたの思考が現実化している』と言い、TAWの知恵を教えようとします。主人公は、最初はうるさいと感じながらも、タダで世界を征服する知恵が得られるならと期待して、TAWの知識を学びに宇宙に飛び立つのでした。ところが…
私の三冊目の本で、はじめてのTAW理論の紹介本です。小説の形を借りて、自分に起きる出来事がどのような原因から生じるのかをわかりやすく解説しています。人生の疑問を解きたい方、ぜひご一読を!

詳しくはこちら>> http://taw.ac/book/

【アート】箱根ラリック美術館
箱根ラリック美術館
箱根ラリック美術館

三羽のツバメ
三羽のツバメ

バッカスの巫女たち
バッカスの巫女たち
箱根には、私が大好きな素晴らしい美術館がふたつあります。ひとつは箱根ガラスの森美術館と、もうひとつは箱根ラリック美術館。今回はその箱根ラリック美術館をご紹介します。
ラリックが制作したガラスの作品はどれもため息が出るほどの美しさです。
小さな香水瓶から大きな室内装飾のガラスパネルまで、ガラスというひとつの素材がさまざまに形を変えて、透明で柔らかな光とともに、幻想的な空間をつくります。
アールデコのデザインはエレガントで繊細で高貴ですから、女性の美しさを高める意識が沸き立つでしょう。
私はここでラリックの香水瓶セットを買いました。眺めるだけで優雅になれそうですね。

お問い合わせ/0460-84-2255
箱根ラリック美術館ホームページ:http://www.lalique-museum.com/

【DVD】プラダを着た悪魔
プラダを着た悪魔
プラダを着た悪魔
[あらすじ]

大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、 NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。多くの女性が憧れる職業かもしれない。でも当のアンディには興味ゼロの世界。 果てはジャーナリストになるため!と職場に向かったのは良いけれど、彼女が手にしたアシスタント職は、生易しいモノではなかった。 超カリスマ的な存在として君臨する編集長のミランダは、まさに「プラダを着た悪魔」だったのだ。

この映画で気づくことは、自分を美しくするということと、有能に仕事をするということは、相反することではなく、同じ方向に進む両輪であるということ。
主人公はどんどんおしゃれに変身していきますが、そのときの彼女の誇らしげな表情をご覧ください。「こんなにおしゃれでかっこいいなら、仕事ができないともったいない」って気分になるから不思議。

でも、主人公のボーイフレンドは、どんどんおしゃれできれいになる彼女を見ると、なんだか取り残されたような気分になります。
これは、ボーイフレンドのインナーチャイルドが反応しているのです。彼女がきれいになると、ダサイ自分から離れていくような気がするんですね。
もし、インナーチャイルドが反応しなければ、彼の取るべき行動は、彼女と同じようにおしゃれしてかっこよくすること。すると、仕事の意欲が高まるし、彼女と今まで以上にお互いを尊敬しあえるでしょう。

でも、インナーチャイルドが反応しているうちは、意地でもかっこよくなるもんか、と思うものなのです。それに、そもそもおしゃれは「努力」ですから、面倒くさいんですね。
そして、「おしゃれに時間を取るヒマがあったら…」とか「中身がカラッポに見えるから…」などと理由をつけて、面倒くさがっている自分をごまかします。

さあ、ここが分かれ道。
「おしゃれなんか、仕事に関係ない。仕事さえしていればいいはず」
と思って現状維持ですか?
「おしゃれになれば、誇らしくなって、もっと仕事ができる気分がする」
と思って、変身しますか?
                                                       カルチャーvol.2へ 
>> カルチャー 一覧へ